FreeBASIC マニュアルのトップに戻る

FreeBASIC Ulongint

目次→言語リファレンス→変数とデータ型→標準のデータ型→整数型→ULONGINT←オリジナル・サイト

ULONGINT 左にメニュー・フレームが表示されていない場合は、ここをクリックして下さい

←リンク元に戻る プログラム開発関連に戻る

標準のデータ型: 64 bit 符合無し。

構文:
dim variable as Ulongint

記述:
64ビットの符合無し整数データ型。
0〜18,446,744,073,709,551,615 までの値を保持できます。
符号無しの QWORD に一致します。

例:
Dim x As ULongInt = 0
Dim y As ULongInt = &HFFFFFFFFFFFFFFFFull
' Print "ULongInt Range = "; x; " to "; y
Print "ULongInt Range = "; x; " to ";
Print Using "##,###,###,###,###,###,###"; y
Sleep

出力:
ULongInt Range = 0 to 18,446,744,073,709,551,615

例(渡辺追加):
処理スピードの比較も参考下さい。
 REM 素因数分解
 PRINT "素因数分解します。"
 PRINT "任意の整数を入力して下さい。"
 PRINT "例えば、12,319 とか 4,294,967,297 とか入力してEnterします。"
 PRINT "あるいは、99,400,891 とか 6,041,375,340 とか、123,456,789,013 とか、"
 Print "2,305,843,008,139,952,128 とか、"
 PRINT "70,000,104,900,007 とか、70,000,005,000,000,007 など入力してEnterします。"
 Print
 PRINT "18,446,744,073,709,551,617 = 274,177 * 67,280,421,310,721 は、ULongIntを超えているのでダメ。"
 Print

 Dim N As ULongInt
 Dim STARTT As Long
 Dim ENDTIME As Long
 Dim Minute As Integer
 Dim A As Integer
 Dim HANTEI As String
 Dim Hairetsu() As LongInt
 Dim I As Integer
 Dim J As Integer
 Dim Kekka As ULongInt
 
KURIKAESHI:
 I=0
 Kekka=1

 Input N

 STARTT=VAL(LEFT$(TIME$,2))*3600+VAL(MID$(TIME$,4,2))*60+VAL(RIGHT$(TIME$,2))
 Print
 PRINT N;"=";
Gusu:
   A=2
Tsugi:
   IF A>SQR(N) THEN GOTO Owari
   IF N-INT(N/A)*A=0 THEN GOTO Tsuzuku
   IF A>2 THEN A=A+2 :GOTO Tsugi
   A=A+1 :GOTO Tsugi
Tsuzuku:
 PRINT A; "*" ;
 I=I+1
 ReDim Preserve Hairetsu(I)
 Hairetsu(I)=A
 N=N/A : GOTO Gusu
Owari:
 PRINT N
 
 ENDTIME = VAL(LEFT$(TIME$,2))*3600+VAL(MID$(TIME$,4,2))*60+VAL(RIGHT$(TIME$,2))
 Minute=(ENDTIME-STARTT)\60
 PRINT USING "処理時間は、####分 ##秒でした。"; Minute; (ENDTIME-STARTT)-Minute*60
 Print
 Print "検算します。"
 For J=1 To I
 	Print Hairetsu(J);"*";
 	Kekka=Kekka*Hairetsu(J)
 Next
 Print N;"="
 Print Kekka*N
 Print
 Print "もう一度やりますか? Y (または y)なら再度。"
 Input "それ以外の文字を入力すると終了します。",HANTEI
 If HANTEI="Y" Or HANTEI="y" Then
	 GoTo KURIKAESHI
 EndIf


方言差:

QBからの違い:

参照:
標準のデータ型に戻る
←リンク元に戻る プログラム開発関連に戻る


ページ歴史:2013-03-27 20:49:10
日本語翻訳:WATANABE Makoto、原文著作者:AntoniGual

ホームページのトップに戻る

表示-非営利-継承