FreeBASIC マニュアルのトップに戻る

FreeBASIC CatPgBits

目次→ランタイム・ライブラリー参考→Bit Manipulation←オリジナル・サイト

ビット操作 左にメニュー・フレームが表示されていない場合は、ここをクリックして下さい

←リンク元に戻る プログラム開発関連に戻る

ビットとバイトの数で使うマクロ。

記述:
ここに示すマクロを使うと、整数値に対して、個別の、ビット、バイト、ワードを、抽出できます。

バイト操作マクロ
Uinteger 値の、個々のバイトかワードの値を、得ます。

ビット操作マクロ
数値の、個々のビットの状態を、得ます。

バイト操作マクロ
LOBYTE
Uinteger 値の、最下位バイト(LSB または lo-byte)値を得ます。
HIBYTE
Uinteger 値の、最下位ワード(LSW または lo-word)の、最上位バイト(MSB または hi-byte)値を得ます。
LOWORD
Uinteger 値の、最下位ワード(LSW または lo-word)値を得ます。
HIWORD
Uinteger 値の、最上位ワード(LSW または hi-word)値を得ます。

ビット操作マクロ
BIT
個々のビットの状態を、整数値で取得します。
BITRESET
整数の値を、指定したビット消去した状態で、取得します。
BITSET
整数の値を、指定したビットを設定した状態で、取得します。

 
目次に戻る
←リンク元に戻る プログラム開発関連に戻る

ページ歴史:2010-02-11 17:16:51
日本語翻訳:WATANABE Makoto、原文著作者:JeffMarshall

ホームページのトップに戻る

表示-非営利-継承