FreeBASIC マニュアルのトップに戻る

FreeBASIC Setenviron

目次→実行時ライブラリー参考→オペレーティング・システム関連SETENVIRON←オリジナル・サイト

SETENVIRON 左にメニュー・フレームが表示されていない場合は、ここをクリックして下さい


システム環境変数を、設定します。

構文:
declare function Setenviron ( byref varexpression as string ) as long

用法:
result = Setenviron( varexpression )

パラメタ:
varexpression
以下の形式(varname=varstring または等価)の環境変数の、名前と設定
(varname は、環境変数の名前。varstring は、設定するそのテキスト値)

戻り値:
成功すればゼロ (0) を、そうでなければ、非ゼロを返します。

記述:
システム環境変数を変更します。
システム上には、編集してデフォルト値以外に設定できる、いくつかの変数があります。
このひとつの例が fbgfx です。fbgfx では、FreeBASIC 描画ライブラリが使う描画ドライバーの形式を選ぶことができます。

例:
'例、システム変数の "path" を、"c:" に設定します:

Shell "set path" 'パスの値を表示します
SetEnviron "path=c:"
Shell "set path" 'パスの新しい値を表示します



  '' WINDOWS だけで使える例です!
  '' - 使う描画方法を、DirectX(または新システムに追加されたDirect2D) ではなく、GDI(Graphic Device Interface) に設定します。
  '' FPS(frames per second フレームレート) の違いに注意して下さい。
SetEnviron("fbgfx=GDI")

  '' デスクトップの幅/高さ
Dim As Integer ScrW, ScrH, BPP
ScreenInfo ScrW, ScrH, BPP

  '' モニターの半分の幅/高さで、画面を作成します。
  '' 通常、これには時間がかかります。
  '' しかし、GDI は、この種類の操作で、かなり速いです。
ScreenRes ScrW/2, ScrH/2, BPP

  '' タイマを始動します。
Dim As Double T = Timer

  '' ページをロックします。
ScreenLock
Do
 
    '' 最後のフレームから時間を表示します。
  Locate 1, 1
  Print "FPS: " & 1 / ( Timer - T )
  T = Timer

 
    '' 画面をはじき出します。
  ScreenUnlock
  ScreenLock
    '' 画面にグラフィカルな変化を遂行します。
  Cls
 
'' プログラムを終了するためには、何かキー入力して下さい。
Loop Until Len (Inkey)

  '' ページのロックを解除します。
ScreenUnlock


GDIとDirectX   GDI と DirectX の関係(違い)については、右の画像のリンクをクリックして下さい。
  Windows10 の日本語環境では、日本語フォントを滑らかに表示するために GDI がデフォルトで使えなくなっている?
  https://align-centre.hatenablog.com/entry/2014/07/11/184500
  日本語文字をクリアに表示するために、縦方向のアンチエイリアス処理が付加された Natural ClearType が使われていて、これには、GDI/GDI+ の後継となる文字描画用 API 群で、DirectX のコンポーネントの 1 つである DirectWrite が使われています。


プラットホーム差:
QBからの違い:

参照:
オペレーティングシステム関連 に戻る

←リンク元に戻る プログラム開発関連に戻る

ページ歴史:2020-10-22 04:24:58
日本語翻訳:WATANABE Makoto、原文著作者:SysOp

ホームページのトップに戻る

表示-非営利-継承