FreeBASIC マニュアルのトップに戻る

FreeBASIC Screenset

目次→描画ライブラリー参考→描画画面関連SCREENSET←オリジナル・サイト

SCREENSET 左にメニュー・フレームが表示されていない場合は、ここをクリックして下さい

←リンク元に戻る プログラム開発関連に戻る

現在の、作業用と表示用のページを用意します。

構文:
declare sub Screenset ( byval work_page as long = -1, byval visible_page as long = -1 )

用法:
Screenset [ work_page ] [, visible_page ]

パラメタ:
work_page
作業用ページの索引
visible_page
目に見えているページの索引

記述:
Screenset は、現在の作業用ページと、現在の目に見えるページを、設定します。
ページ番号は、0num_pages - 1 の範囲になります。
ここで、num_pages は、ScreenresScreen で描画モードを設定する時に指定されたページ数です。
この関数を使って、ページ切り替えや、二重バッファリングを行うことができます。
visible_page ではなく、work_page を省略すると、目に見えるページだけが、変更されます。
work_page ではなく、visible_page を省略すると、作業ページだけが変更されます。
両方の引数を省略すると、作業ページと目に見えるページの両方が、ページ 0 にリセットされます。

visible_page を提供して、work_page を省略すると、可視ページだけが変更されます。
work_page を提供して、visible_page を省略すると、作業ページだけが変更されます。
両方の引数を省略すると、作業ページと可視ページの両方が 0 ページにリセットされます。

Screenset は、即座に変更をユーザに表示せずに、画面に書く1つの方法を提供します。
この代替方法については、Screenlock / Screenunlock を参照してください。

注意:現在のカーソル位置は、ビデオページ毎に独立して取り扱われません。
そのため、別の作業ページが選択されたときの開始カーソル位置は、前の作業ページの最後のカーソル位置と同じものになります。
(テキストカーソルも、描画カーソルも、同じ動作です。)

例:
注:FreeBASIC 1.08〜 で、SetEnviron を追加しなくても、日本語環境で描画画面が表示されるように改善されました。
' Sets the graphics method GDI
' 描画方法を GDI に設定
SetEnviron("fbgfx=GDI")

' 描画画面 (320*200, 8bpp) を 2 ページ開きます
ScreenRes 320, 200, 8, 2

' 0 ページを表示している間に、1 ページに取り組みましょう
ScreenSet 1, 0

Dim As Integer x = -40

Do
    '' 画面を消去して、箱を描いて、x を更新します
    Cls
    Line (x, 80)-Step(39, 39), 4, BF
    x += 1: If (x > 319) Then x = -40
   
    ' 垂直同期のための待ち:リフレッシュ・レートを制御するためだけに使います。Do loop のどこにでも置けます
    ScreenSync
   
    ' 作業ページを可視ページにコピー
    ScreenCopy
   
Loop While Inkey = ""




方言差:

QBからの違い:

参照:
描画画面関連に戻る
←リンク元に戻る プログラム開発関連に戻る
ページ歴史:2016-03-13 10:38:51
日本語翻訳:WATANABE Makoto、原文著作者:SysOp

ホームページのトップに戻る

表示-非営利-継承