ファイル操作

ホームページのトップに戻る目次

データの圧縮・解凍ソフト
 ・Explzh
 ・LHAユーティリティ32(LHAUT32)
 ・+Lhaca デラックス版
 ・Lhaz
 ・WINZIP
 ・Universal Extractor

ファイルを開くダイアログに、お気に入りのフォルダを表示
 ・FODH - File Open (and SaveAs) Dialog Helper
 ・フォルダの足あと

ハードディスクのデータ管理ソフト
 ・FileSum
 ・CSVFileList

重複ファイルの検索と一括削除
 ・Aikow32
 ・UnDup

バックアップのツール
 ・Microsoftブリーフケース
 ・ディスクミラーリングツール★
 ・BackupTools
 ・Microsoftバックアップ★(NTBackup)

全文検索ソフト
 ・Keyword Inspector
 ・テキストエディタのGrep
 ・Grep and Replace
 ・MiGrep
 ・Google Desktop Search
 ・MSN デスクトップ サーチ

Excelブックの串刺し検索

エクスプローラを2つ起動するソフト
 ・ExpMan(エクスプローラ・マネジャー)
 ・Windows Double Explorer
 ・TileExplorer

ファイル名の変更ソフト
 ・Flexible Renamer
 ・@rem
 ・Namery
 ・Frename

ファイルの分割/結合ソフト
 ・Join Man Mini
 ・Div
 ・WinMend File Splitter

ファイル拡張子とアプリケーションの関連付けを変更
 ・FileTypesMan

ファイルの拡張子を判定
 ・WinExChage
 ・極窓

HTMLヘルプ作成とデコンパイル
 ・HTML Help Workshop
 ・KeyTools

削除してしまったファイルを、復元・復活
 ・DataRecovery
 ・復元
 ・かんたんファイル復活

ファイルの完全削除
 ・Eraser

NTFS のアクセス制御を変更 NTFS Permissions Tools

海外ソフトで日本語を表示させるツール
 ・Emigrant32

ハッシュ値生成 Message Digest 5 と SHA-256
 ・HashMyFiles

iPhone iPad のファイルをパソコンに移動
 ・i-FunBox

端末間でファイル転送
 ・SHAREit
 

データの圧縮・解凍ソフト

圧縮方式の歴史

 「ちえの和WEBページ」のコンピュータ偉人伝「吉崎栄泰」
http://www.ijinden.com/_c_20/Yoshizaki_Haruyasu.html
によると、下記だそうです。

 イスラエルのヤコブ・ジフ(Jacob Ziv)とアブラハム・レンペル(Abraham Lempel)は 1977年に辞書ベースの圧縮法を発表した。2人の頭文字をとってLZ77圧縮法として知られる。
 (この方式から派生したものとして、LZW方式がある。 LZW方式はインターネットのGIF画像圧縮のベースになっている。)

 ジェームス・ストーラー (James A. Storer)とトーマス・シマンスキー(Thomas G. Syzmanski)は、LZ77圧縮法を発展させ、1982年にスライド辞書法と呼ばれる方式を発表し、LZSS方式が作られた。

 1988年、当時高校の先生をしていた奥村晴彦氏が、LZSS方式をさらに算術符号化するLZARIという圧縮アルゴリズムをPC-VAN上に発表した。

 北海道の内科医の吉崎栄泰氏は、この奥村氏の圧縮方式を見て、算術符号化の部分をハフマン符号化に置き換えることでもっと効率的なアルゴリズムになるのではと考えた。

 ハフマン符号化とは、デービッド・ハフマン(David A. Huffman)によって1952年に発表された「最小冗長符号の構成方法」という論文が基礎になっているデータ圧縮の手法で、現在ではほとんどすべての圧縮手法が何らかのかたちでハフマン符号化を取り入れている。

 吉崎栄泰氏は、その考えをもとにLZHUF方式を考案し、その方式にもとづいたDos版の圧縮ソフト LHarcを作り、1988年末にニフティとアスキーネットにリリースした。 LHarcは大反響をよび、その後も、 LHarcのアルゴリズムの改良が行われた。

 Dos版だった吉崎氏のLHarcはLHAとなり、その後多くのボランティアの協力を得てUnixやMac、 Windowsなどほとんどのプラットフォームに移植された。またマニュアルは英訳され海外のユーザーにも広く認知されるようになった。

 Windowsの世界ではZIP形式とLZH形式(LHAのファイル形式)が事実上の標準となった。特にLHAがフリーソフトとしてソースコードも公開されていた点は、他の圧縮ソフトとは違って歓迎された。

 ZIP形式は、フィル・キャッツ(Fhil Katz)によって開発された圧縮形式で、アメリカのほとんどのダウンロード・サイトはZIP形式の圧縮ファイルを用意している。 ZIP 形式圧縮はデフレーションというLZ77の変形アルゴリズムを使っており、このアルゴリズムは GZIP や PNG などの圧縮形式にも用いられている。

 参考:
 近山隆さんの「アルゴリズム設計 講義資料」
http://www.logos.t.u-tokyo.ac.jp/www/home/chik/algorithm-design/
の「文字列の圧縮」
http://www.logos.t.u-tokyo.ac.jp/www/home/chik/algorithm-design/06%20Text%20Compaction.pdf


 コンピュータのデータの圧縮方式としては、日本国内では、LHA が主流ですが、海外では ZIP形式を使っています。
 WinXP から、OS の標準機能として、エクスプローラから ZIP の圧縮・解凍ができるようになったので、国内でも ZIP形式が主流に変わってきています。

 「 LHAユーティリティ32」は、ZIP方式にも対応していますが、唯一、ZIP方式で複数枚のフロッピに圧縮したデータを解凍する機能が抜けています。この場合には、WinZipを使用します。また、WinZipは、パスワード付き圧縮ができます。

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


Explzh

 Explzh for Windows はエクスプローラライクな Windows 用の圧縮・解凍ツールです。 書庫ファイルをエクスプローラと同じ操作感で解凍・圧縮操作できます。
 バージョンの自動更新も、便利です。

自動更新が便利です

 Vista では、下の LHAユーティリティ32 が動かないので、私は、これを使っています。
 個人で使用する場合は、登録不要で、無料で使えます。

 作者のホームページ
http://www.ponsoftware.com/

 Vector の紹介
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/080306/n0803061.html

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


LHAユーティリティ32

 作者のホームページ
http://lhut32.k-server.org/

 ダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se033502.html
各種圧縮方法のDLLへのリンク
http://www.madobe.net/archiver/
http://www.madobe.net/archiver/lib/extents.html

注:【DLL】Dynamic Linking Library(ダイナミック・リンキング・ライブラリ)の略。同じ機能がアプリケーションごとに重複してあっても無駄なので、それを防ぐため、よく使う機能は互いに共同で使えるように独立させておき、必要に応じてアプリケーションが引用して使えるようにした、機能ソフトのファイル。ウィンドウズではファイル名の後に「××××.DLL」という拡張子が付いている。通常、Win9xの場合は、Windows\Systemの下に、Win2000の場合は、WINNTDLL\system32の下に登録する。DLLはどんなアプリケーションが使用しているかわかりづらく、削除すると別のアプリケーションの動作に支障をきたす場合がある。

導入方法
 (1)@「LHUT32.EXE」とA「ULH3181.exe(数字の部分はバージョンによって異なる)」の2つをダウンロードして、TEMPフォルダかデスクトップにとりあえず保存します。
 (2)プログラムの干渉を避けるため、実行中の全てのプログラムを終了させます。
 (3)ハードディスクのエラーを防止するため、前もってスキャンディスクを走らせます。
(スタート→プログラム→アクセサリ→システムツール→スキャンディスク)
スキャンディスクのパラメータは、「標準」の「エラーを自動的に修復」を使用。
 (4)TEMPに保存した2つのプログラムを実行して解凍インストールします。(設定は特に変える必要は有りません。)
これで使えるようになります。
 Aの登録フォルダは、@が登録されたC:\Program Files\LHut32を、参照画面から指定します。

 BLHA以外の圧縮・解凍用のdllはオプションで、必要の都度導入します。

使用時には設定を下記のようにしてください。

@メニューの「設定」→「LHUT32オプション設定」→「高度(1)」の「ファイル読込時、全選択状態にする」にチェックを入れる。 「ファイル読込時、全選択状態にする」にチェックを入れる
A上書き設定は、私は右のようにしています。 新しい日付の場合、無条件に上書き
B解凍ボタンを押したあと解凍先を指定する下記画面で、「ディレクトリ付き」にチェックを入れる。(重要) 「ディレクトリ付き」にチェックを入れる

圧縮:
 CAB形式の圧縮を使用すれば、圧縮結果が1枚のフロッピに収まらない場合でも、複数のフロッピにまたがって保存することができます。

<シェル機能で、相対パスの圧縮をする方法>

 圧縮ファイルを誰かに渡す場合は、相手のドライブ構成が違うため、原則は相対パスで圧縮します。このためには、アイコンを右クリックして現れるメニューの中から[書庫を作成(A)...]を押して、[書庫を作成する]ダイアログボックスから、[設定(O)...]ボタンを押し、[共通の設定]タブから、[フォルダ圧縮のパスは絶対パス(F)]チェックボックスのチェックを外します。
 LHAユーティリティのデフォルト設定では、LHUT32の設定で「絶対パス」のチェックを外して、UNHA32.dllの設定を「相対ディレクトリ」にしても、シェル機能を使ってフォルダを圧縮した場合は、絶対パスになってしまい、ルートから下の全てのフォルダパスが存在する形で圧縮されてしまいます。


<圧縮ファイルを作る上での注意>

 自己解凍の圧縮ファイルを作るのは、下記の理由で、原則やめるべきです。

@まず、exeファイルは、プログラムのため、virusが混入する恐れがあります。やたらにexeファイルを実行しないのが、インターネット時代の常識です。

Alzh形式だと、解凍することなく圧縮したままでファイルを見たり編集したりすることができます。自己解凍形式だと、必ず解凍しなければファイルを取り扱うことができないので、ハードディスクの容量をとります。lzh形式なら圧縮した意味が継続してありますが、exeファイルだと、せっかく圧縮した効果が長続きしないのです。

 では、自己解凍ファイルはどんなときに使うかというと、ファイルの圧縮・解凍などということを全く知らない素人にファイルを渡す場合に、限定されます。

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


+Lhaca デラックス版

 DLL 不要で
LZH,ZIP,CAB,GZ,Z,BZ2,TAR,TGZ,TAZ,TBZ,JAR,ARJ,RAR の解凍
CAB, TGZ, TBZ, TAR の圧縮
ができます。

http://park8.wakwak.com/~app/Lhaca/

 使い方
http://homepage2.nifty.com/ToolzSquare/pc_column/compress.html
http://arena.nikkeibp.co.jp/tec/online/20040301/107266/

 注:
 Symantec Security Response チームのメンバが、「Lhaca デラックス版バージョン1.20」の脆弱性を確認した、との記事が有りました。バッファオーバーフローを発生させないように修正した最新バージョンに、更新しましょう。

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


Lhaz

 外部 DLL 不要で
LZH,ZIP,CAB,TGZ,TAR,GZ,TBZ,BZ2,RAR,7Z の圧縮/解凍/閲覧ができます。

 上の +Lhaca デラックス版 は、日本語ファイル名しか対応していませんが、Lhaz は、中国語などのファイル名のファイルが圧縮されている場合にも、解凍できます。
 ただし、圧縮ファイル名は、中国語だと読み込めないので、圧縮ファイル名は、英字か日本語に変更しておきます。
 Microsoft Visual C++ 2010 再頒布可能パッケージをインストールしておく必要が有ります。

 作者のホームページ
http://chitora.com/lhaz.html

 ダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se107748.html

 vectorの紹介
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/030319/n0303192.html

 使い方
http://arena.nikkeibp.co.jp/tec/online/20040301/107283/
http://www.xucker.jpn.org/pc/lhaz_use.html

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


WINZIP

1.WINZIPのインストール方法

 (1).下記をテンポフォルダに保存してください。
http://www.winzip.com/ddchomea.htm

「古いファイルは無視」、と「フォルダ名を使う」にチェックを入れる  (2).これを実行してください。
  自動で install されます。(このとき、スタイルはクラッシックの方がお薦めです。)

 上書き設定は、右を推奨します。


2.WINZIP で、複数枚のフロッピに圧縮したデータを解凍する方法

WINZIP を実行すると何か聞かれるが agree する。
(WINZIP は有償ソフトですが、複数圧縮の解凍が本当にうまくできるかの「試用」の目的だけなら、無償で使用できます。
バージョン11は、試用制限が厳しくなったようなので、WinZip 9.0などを使い続ける・・・)

@WINZIP を開いたら、圧縮されたフロッピの1枚目のファイルをWINZIPにドラッグアンド・ドロップする。
A最後のフロッピを入れろと言うので、最後のフロッピに差し替える。
Bここで「Extract」を選択する。
Cするとフロッピ1を入れろと言うので、またフロッピを1に差し替える。
D1の解凍が終わったら次を入れろと言うので2のフロッピに差し替える。
E右下の信号が青に変わって、解凍が終わったことを知らせる。

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


Universal Extractor

 Universal Extractor は、ありとあらゆるファイルを解凍できる、解凍ソフトです。
 驚くことに、自己解凍の .exe や .hlp ファイルも、解凍できます。
 私は、WinHelp 形式の、Win32.hlp を、逆コンパイル(デコンパイル)して、HTML Help Workshop を使って、chm 形式のヘルプ・ファイル Win32.chm にコンパイルするときに、この Universal Extractor を使いました。
 ファイルの拡張子に合わせた、各種DLL など、別途用意する必要はありません。
 インストールするときに、日本語版になるので、安心して使えます。

 ダウンロード
http://www.legroom.net/software/uniextract#download

 Vectorの紹介
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/110826/n1108261.html

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


ファイルを開くダイアログに、お気に入りのフォルダを表示


 「名前を付けて保存」などの、ファイルを開くダイアログおよびファイルの保存ダイアログで、良く使う「保存する場所」を探しやすくするソフトです。

FODH - File Open (and SaveAs) Dialog Helper

 FODH を使用すると、アプリケーションやグループ毎に、良く使うフォルダや最近使用したフォルダに、簡単な操作で移動できるようになります。
 FODH は Windows 標準の、「ファイルを開く」ダイアログおよび「ファイルの保存」ダイアログを拡張し、操作性を向上させるプログラムです。

 作者のホームページ
http://hp.vector.co.jp/authors/VA028199/

 ダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se210001.html

 使い方
http://home.att.ne.jp/aqua/tkn/soft/fodh/help/combinedhelp.html
 「保存する場所」をクリックすると、登録してある、「お気に入りのフォルダ」が表示されて、ジャンプできます。

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


フォルダの足あと

 上の FODH - File Open (and SaveAs) Dialog Helper は、ファイル名をクリップボードに登録して操作しても、クリップ・ボードの内容がクリアされてしまう、という不具合が有ります。
「経歴登録」のチェックを外す  私は、現在は、こちらを使っています。

 .NET Framework 2.0ランタイムのインストールが必要です。

 作者のホームページ
http://www7b.biglobe.ne.jp/~flat/

 ダウンロード
http://www7b.biglobe.ne.jp/~flat/f_footmark.html

 自動で、フォルダが登録されますが、登録フォルダが、あまり多くなると、かえって探しにくくなります。
 このため、有る程度フォルダがたまって学習されたところで、「経歴」で、フォルダを整理・削除します。そして、「経歴登録停止」すると良いでしょう。
 私は、よく使うフォルダを、「お気に入り」に明示的に登録しています。

 ベクターの紹介
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/080408/n0804082.html

よく使うフォルダを、「お気に入り」に登録

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


ハードディスクのデータ管理ソフト

 ハードディスクのデータが増えると、その内容を整理したり、管理したくなります。
 下記に、役立ちそうなソフトを紹介します。いずれもフリーソフトです。


FileSum

 ハードディスクのフォルダ毎のデータ量とファイル数を表示するソフトです。フォルダのデータの実際の量と、クラスタ・サイズを考慮した量の両方を表示することができます。これを見ると、Win95のFAT16(2GBのハードディスクのクラスタサイズは32KB)が、htmlのように小さいサイズのファイルをたくさんハードディスクに保存するときに、いかに非効率な保存方法かということが、眼で見て実感できます。

表示例:(赤い部分が実ファイル容量、白い部分がクラスタの空き部分)



表示例:(赤い部分が実ファイル容量、白い部分がクラスタの空き部分)

 作者のホームページ
http://www.net3-tv.net/~m-tsuchy/tsuchy/


CSVFileList

 フォルダの中のファイル名リストをCSV(EXCELリスト)にダウンロードするプログラムです。
 ショートカットファイルは、リンク先まで表示され、リンクが切れたショートカットを見つけることもできます。また、ショートカットにパラメータが付いている場合は、それも明示されます。
 インターネットショートカットファイルは、リンクされているインターネットサイトの文字列が出力されます。

 作者のホームページ
http://homepage1.nifty.com/frontier_spirit/

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


重複ファイルの検索と一括削除


Aikow32

 ファイルのフォルダのコピーを取ったりしていると、重複した不要ファイルができるものです。
 これを検索するソフトです。検索した後、一括削除することも容易にできます。

 注:大きなファイルサイズだと、エラーになります。そんな場合は、UnDup の方を使うと良いでしょう。

解説:
 比較元と比較先(削除対象)のディレクトリを指定して、同じファイルがあったらそのファイルを削除します。ファイルの中身を比較しますので、タイムスタンプ、ファイル名は異なっていても同じファイルを見つけられます。ファイルを「削除しない」で処理をした場合、そのファイルを関連付けてあるアプリケーションで開いたり、削除したりできます。また、検索条件にファイルサイズを指定できます。
 Win95、Win98、Win2000で動作確認済みです。

 紹介のホームページ
http://www.vector.co.jp/magazine/spotlight/991120/sl99112012.html
 ソフトそのものは、vectorの掲示が消えているようなので、ここに添付します。
(「AIKO for Win32 Ver1.4」のヘルプには、・転載・配布について、LZHファイルの内容を変えなければOKです。と書かれています。)

UnDup

 作者のホームページ
http://hp.vector.co.jp/authors/VA032597/Software/
 紹介記事
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/021207/n0212072.html

[フォルダ一括選択]が便利  4GBを超えるサイズのファイルにも対応しています(最大16TB)。
 削除ファイルの指定では、 [フォルダ一括選択]が便利です。
 右の例では、「photodata(E)」のフォルダ側を削除したいのですが、どれか一つのファイルにカーソル行を置いて、「フォルダ一括選択」ボタンを押します。すると、同じフォルダにあるファイルが全て選択されます。これで「削除」ボタンを押せば、削除できます。

 簡易検索で使っている CRC32 とは、32ビット長の cyclic redundancy checksum のことで、ファイルのハッシュ値を求めるものです。
 ハッシュ値を求める関数(アルゴリズム)の代表的なものが、「CRC32」(32bit、HEX8桁)と、「MD5」(128bit、HEX32桁)です。
 ファイルをハッシュ関数を使って、決まった長さのビット列に変換したハッシュ値を比較することで、比較的簡単に、ファイル名や日付けが異なっていても同一ファイルかどうか、を判定できるのです。

 UnDupは、「実質フリーのシェアウェア」です。
 本ツールが気に入った方は、600円 を送金することができます。

 
この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


バックアップのツール

 パソコンのデータのバックアップの取り方は色々有ります。その内、手軽ないくつかを紹介します。
 ★がお薦めです。

 バックアップの媒体(保存先)は、外付けハードディスクを推奨します。スピードが早く、容量も大きい上に、追加削除が容易なので、結局コストが安くなるからです。(250GBで3万円程度。)

1. Microsoftブリーフケース

バックアップ単位:ファイル
【特長】
 フロッピにファイルのコピーを作って、出張先のパソコン上とオフィスのパソコンのハードディスク上とでファイルを2箇所で共用する場合などに使う。
コピー側での変更も、原本での変更も相互に最新に自動更新できる点が便利。
【その他】
 ブリーフケースを使うと、ファイルの各種のコピーを最新の状態に保つことができます。詳細は「スタート」→「ヘルプ」で「ブリーフケース」を検索してください。
【実行方法】
 デスクトップの [ブリーフケース] アイコンをダブルクリックします。

2. ディスクミラーリングツール★

Disk Mirroring Tool
バックアップ単位:ファイル
 作者のホームページ
http://www5.wisnet.ne.jp/~mercury/

 下記でもダウンロードできます。(vectorの掲示はバージョンが古いので、まず作者のホームページを確認下さい。)
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/pickup/pw4/pw004633.html

 オリジナルの Disk Mirroring Tool は、Unicode 文字に対応していません。
以下は、ばぐ★NAGAさん が、Unicode 文字(例えば、中国漢字や韓国語文字)の含まれるファイルやフォルダも処理できるようにしたものです。
http://debugx.net/BugSoft.aspx?Soft=DMTU

【特長】
 圧縮しないので、バックアップ・ファイルの取扱いが容易。
 2つのフォルダをミラーして同一内容にするツールです。このソフトを利用することで、フォルダの同期を取ることができ、バックアップ等を簡単にリアルタイムに行うことができます。また、更新されたファイルだけをコピーするため、高速です。
 導入する際は、ミラーするフォルダを設定して、更新ボタンを押すだけです。フォルダの設定で自動更新をチェックしたものは、一括して、更新でき、また、一定時間ごとに更新することも可能です。

 事前にテストができることと、対象外を設定できるので、とても使いやすくなっています。

 「ターゲット指定」で、対象ファイルを指定するときに、ワイルド・カードが使えるので、私は、デジタル・ポータブル・プレーヤーに、パソコンのフォルダのデータを同期させるのに使っています。パソコン上のフォルダには、html や doc や rm ファイルが含まれるため、プレーヤーに同期指定しているターゲットは、「*.mp3,*.wma,*.txt,*.jpg」です。

 「オプション」→「環境設定」で、「フォルダ設定情報をレジストリに保存する」のチェックを外して、 INI ファイルに保存するようにします。パソコンを更新したときには、新しいパソコン側で、この設定にした後、旧パソコンの mirror.ini を、新に上書きすれば、簡単に、設定を移行できます。

 Disk Mirroring Toolを使ってBackupする!
http://www.kozupon.com/backup/dmt.html
 Disk Mirroring Toolをファイルサーバーで自動実行
http://crazy-man.cocolog-nifty.com/blog/2010/05/disk-mirroring-.html

 私の設定例:
環境設定 一般 動作設定 ターゲット設定

3. BackupTools

バックアップ単位:フォルダ(複数のフォルダ)
【特長】
 バックアップは圧縮されるのでファイルサイズが小さくできる。

作者のホームページ
http://members.jcom.home.ne.jp/bkt-tadas/

ダウンロード
http://www2.lint.ne.jp/~lrc/fi_allbackup.htm


4. Microsoftバックアップ★(NTBackup)

バックアップ単位:フォルダ(複数のフォルダ+システム設定)

【特長】
  1. 解凍・バックアップ戻しが、ファイル単位にできてハンドリングが容易。
  2. オペレーションシステムの設定まで含めて保存が出来る。
  3. バックアップは圧縮されるのでファイルサイズが小さくできる。
  4. フロッピに出力するとき1枚に収まらなければ、複数のフロッピに分割できる。→(バックアップの目的だけでなく)大きなファイルをフロッピで授受するときにも活用できる。
「システム状態」にもチェックを入れます 【実行方法】
 [スタート] ボタンをクリックし、[プログラム]をポイントします。次に、[アクセサリ] をポイントし、[システムツール] をポイントします。次に、[バックアップ]をクリックします。
 Cドライブをバックアップするときは、「システム状態」にもチェックを入れることを忘れないように。WinXPの場合は、[マイ コンピュータ] の下にある [System State] です。

 参考ホームページ
http://www.dianet.or.jp/antivirs/backup/main.htm

 バックアップの復元方法はこちらを参照下さい。

 注1:Windows XP Home Edition は、CD-ROM の下記フォルダにある Ntbackup.msi をダブルクリックして、バックアップ ユーティリティ(NTBackup)をインストールする必要が有ります。インストールすると、「アクセサリー」→「システムツール」にアイコンができます。
 CD-ROM Drive:\VALUEADD\MSFT\NTBACKUP
 バックアップ ユーティリティをインストールする方法については、下記も参照下さい。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;JA;302894

 注2:Windows XP Home Edition でバックアップ ユーティリティを使用して、ファイルとフォルダのバックアップを作成する方法は、下記を参照下さい。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;ja;320820

 注3:Windows XP Home Edition をプリインストールしたパソコンを購入した場合は、Windows の CD-ROM が付属していないため、「バックアップ ユーティリティ(NTBackup)」が使えません。
 この場合は、「アクセサリ」→「システムツール」→「ファイルと設定の転送ウィザード(migwiz.exe)」を使ってバックアップします。

 バックアップするドライブやフォルダを指定したい場合は、「設定のみ」と、「[次へ] をクリックしてから、ファイルと設定のカスタム一覧を選択する (上級者用)(C)」にチェックを入れて、「フォルダの追加」で登録します。
 ただし、復元は、フォルダを個別に指定することはできず、一括になります。

 詳細は下記を参照下さい。
http://www.h7.dion.ne.jp/~gang/doujyou/wizard.html Gang のページ
http://www.itmedia.co.jp/help/tips/windows/w0692.html エンタープライズ:Windows Tips
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/operation/fstransferwiz_xp/fstrans_02.html @IT

 注4:FAT32のハードディスクに、バックアップを保存する場合は、バックアップのファイルサイズが、4GByte以下になるように調節する必要が有ります。
 NTBackupで、バックアップの対象を選択するときに、ファイルサイズを考慮してチェックを入れて、大きくなりすぎたらチェックを外します。
 ファイルサイズを前もって確認するときには、例えば FileSum を使います。バックアップ先のハードディスクをNTFSにフォーマットしておけば、この制限はなくなります。
(NTFSのファイル・サイズの最大は、理論上では2の64乗までだが、BIOSの制限から2TBまで。FAT16では2の32乗=4Gbytesまで。)
2^10 ≒ 1000 ( 10 log2 ≒ 3.01 ≒ 3 = log1000 )

ファイルシステム最大ボリュームサイズ最大ファイルサイズボリュームあたりの
ファイル数
1フォルダに登録できる
ファイル数
FAT(FAT16)4GB2GB2の16乗ルート ディレクトリ:512
サブディレクトリ:65,534
FAT3232GB4GB(2の32乗=2^2*1000^3)約2の22乗65,534
NTFS2TB(理論2^4*1000^6)2TB(理論2^4*1000^6)2の32乗-1制限無し
http://www.microsoft.com/japan/technet/windowsvista/library/plan/5025760b-0433-4ba1-a2f4-9338915fdb4b.mspx

 「ファイルと設定の転送ウィザード(migwiz.exe)」だと、バックアップファイルを自動で適切なサイズに分割してくれるので、ファイルサイズを気にする必要は有りません。こういう点から、WinXP の Home では、「ファイルと設定の転送ウィザード」が標準になっているのでしょう。

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


全文検索ソフト

 Excelやワードやその他、たくさんのファイルを保存していて、後から利用するとき、どのファイルだったか分からなくなることがあります。
 そんな時、キーワードを使って、フォルダ内の候補ファイルを全文検索することができます。

 私は以前、社員の仕事の作業分析をしたことが有ります。ホワイトカラーの業務の中で、資料を探す時間は、かなりのウエイトを占めていました。コンピュータが発達して、文書が電子化された今日、貴方も是非、以下のツールの何れかを使いこなして、労働生産性を上げて下さい。

 ファイル名の一部が分かっている場合の、エクスプローラでの検索方法は、こちらを参照下さい。


1.Keyword Inspector

 テキストファイルはもちろんのこと、MS-Office(Word/Excel/PowerPoint/Outlook)ファイルや、PDFファイルから、文字列を検索できるようにするツールです。

 作者のホームページ
http://ohju.cside4.jp/software/kwisp/

 窓の杜の紹介
http://www.forest.impress.co.jp/article/2004/06/03/kwinspector.html

 office検索の「動作」では、
「Wordの検索でオートシェイプを検索対象とせず高速検索する」にチェックを入れることを推奨します。

 また、ワード検索でエラーが出る場合は、「検索結果一覧から文書を開いた時に検索語句へジャンプしない」にチェックを入れて下さい。

 「ツール」→「オプション」の「検索条件」タブで、「右クリックメニューの『送る』に登録」のボタンを押しておくと便利です。エクスプローラで、検索したいフォルダを右クリックして、現れる「送る」メニューに、Keyword Inspectorが追加されているので、これを選択すると、すぐ検索語の入力ができる状態になります。

 「ツール」→「オプション」の「テキスト検索」タブで、「使用するテキストエディタ」に、サクラエディタ を使用する場合は、下記のようにパラメータを記入すると、Keyword Inspector の検索結果でダブルクリックしたとき、サクラエディタは、該当行にジャンプして、該当検索語にカーソルを置いた状態で、開きます。
C:\Tool\テキストエディタ\sakura.exe "%1" -Y=%2 -X=%3
(サクラエディタのパスは、ご自分の環境に合わせて下さい。)


2.テキストエディタのGrep

 一般に、「テキストエディタ」というカテゴリのソフトには、Grep という機能があり、これを使うと、複数のテキストファイルから全文検索できます。
 圧縮ファイルまで対象にして検索したい場合には、MiGrep を使います。

 grepは、Global Regular Expression and Print の略で、"Regular Expression (正規表現)" で、指定した文字列を検索することです。指定したフォルダ以下のフォルダに含まれる全てのファイルを検索することができます。

・検索結果は、別のウインドウが開いて、そこにファイル名だけでなく、当該部分と行番号まで表示されます。
・検索結果から、条件と一致した箇所に直接ジャンプ(タグジャンプ)することができます。)

 無償ソフト「テキストエディタSakura」も、grep機能が使えます。

 例えば、下記の様にすれば、指定フォルダ以下に有る、「試作」という単語をファイル中に含む全ての文書を検索できます。検索結果の必要部分をクリックすると、当該文書をテキスト形式で開いて、当該部分を点滅強調表示までしてくれます。

 バージョン97以降の Excel や MS-Word は、文字を Unicode で保存します。テキストエディタSakura の Grep は、文字コードを指定できるため、ここで Unicode を選択すれば、Excel や MS-Word の一括全文検索までできます。

 サクラエディタを使って、検索してタグジャンプすると、まず Excel ファイルや MS-Word ファイルは、サクラエディタで開かれます。ここで、[Ctrl]+[B] (ブラウズのB) の「関連付け実行」をすると、目的の探し出されたファイルは、 Excel や MS-Word で開かれます。
 サクラエディタのショートカットキーは、ヘルプの、デフォルト設定値→キー割り当て一覧 (キー別)、および、コマンド一覧 (機能別)に列記されています。

 さらに、下記の、「すい」さんの作られたマクロを、登録すれば、grep結果から「ダブルクリック」だけで、直接、拡張子に関係付けられたソフトで開くようになります。
すいさんのマクロ:Grep の結果形式のテキストでマクロを実行すると、マクロ実行時の行のファイルが
・拡張子が TXT,C,CPP,H ならタグジャンプする
・拡張子が DOC,XLS なら関連付け実行する
・拡張子が他なら関連付け実行する
・行頭からの文字列がファイル名らしくなければ、実行時の位置で単語選択するだけ。

1.PPA.DLL を入手
http://homepage1.nifty.com/ht_deko/
で、PPA.DLL (ppa_***.lzh の一部) を入手して、sakura.exe と同じフォルダに入れます。
2.すいさんのマクロをダウンロード
http://www.egroups.co.jp/files/sakura-editor/User/MACRO/
で、grepo_xxxxxxxx.cab( ← xxxxxxxx 部は公開日時)「マクロ(PPA):Grep結果から、見つけたファイルを関連付け実行」をダウンロードします。
3.目的のマクロファイルを解凍して、取り出したファイル(GrepOpen.ppa)を、マクロフォルダに入れます。
  (例えば C:\Program Files\sakura\MACRO )
  マクロフォルダとは、サクラエディタで、[設定(O)]→[共通設定(C)]→[マクロ] タブにて [参照(R)] ボタンで設定してある場所です。(場所はユーザーが任意に変更できます。)
4.設定 → 共通設定 → [マクロ] タブで以下の通りに操作します。
  (1). 「マクロ一覧」から何もない空の行を選択する
  (2). 「File」から目的のマクロファイル(GrepOpen.ppa)を選択する。
  (3). 「名前(N)」に自分にとって分かりやすい名前、
   例えば「Grepから関連付け実行」を付ける。
  (4). そのマクロの内容が、後で変更(バージョンアップ)される可能性があるので、
    「マクロを実行するたびにファイルを読み込みなおす(L)」
    にチェックを付ける。
  (5). [設定(A)] ボタンを押す。
  (6). [OK] で「共通設定」を閉じる。
※ ↑ここまでで一旦 [共通設定] を閉じる事
 これだけで、メニュー操作 [ツール(T)] → [登録済みマクロ(B)]の中から選択して実行できるようになります。

5.設定 → 共通設定 → [キー割り当て] タブで、以下の通りに操作します。
  (1). 「種別(K)」から「外部マクロ」を選択する。
  (2). 「機能(F)」から目的のマクロを選択する。
  (3). キーから割り当てたいキーを選択し、必要に応じて「Shift」「Ctrl」など
    にチェックを付ける。 [割付(B)] ボタンを押す。
  (4). [OK] で「共通設定」を閉じる。
 以上で、指定したキーで、「Grepから関連付け実行」されるようになります。

 Grep結果の対象行をダブルクリックして、「Grepから関連付け実行」させたい場合は、上記のキーに「ダブルクリック」を割り付けた後、SAKURAのデフォルト設定を下記の方法で停止させます。
6.共通設定の [Grep]タブを開く。
 「Grep結果からのタグジャンプ」の「ダブルクリックでタグジャンプ(W)」のチェックoff にする。
 注:このマクロで、マウス ダブルクリックで他のユーティリティを関連付け実行した後、エディタ側が文字選択状態になってしまう事があります。これは、私がこの文書を書いている時点の「SAKURAの仕様」で、エディタ上でマウス右クリック→左クリックすれば、選択状態は解除されます。

 ついでですが、下記の方法で、右クリックメニューに追加することもできます。(私の推奨)
 上記の方法で、マクロを登録しておきます。
設定 →共通設定 →[カスタムメニュー] タブで、以下の通りに操作します。
  (1). 「選択(C)」から「右クリックメニュー」を選択する。
  (2). 「種別(K)」から「外部マクロ」を選択する。
  (3). 「機能(F)」から目的のマクロを選択する。
  (4). 「メニュー(M)」の中の登録したい場所をマウスで選択後、[→(A)] で登録し、さらに [---(S)] でセパレータの追加や [↑(U)] [↓(O)] で上下に移動などして自分の好みの通りにする。
  (5). [OK] で「共通設定」を閉じる。

 以上です。お好きな方法を選択して下さい。
(上記のマクロの登録方法は、すいさんがSAKURA掲示板に書かれた内容を、転載させていただきました。
m(__)m )

 ホームページは、複数のテキスト・ファイルの組合せで、できています。ホームページ作成には grep が欠かせません。私は、このホームページの索引を、テキストエディタSakura の grep 機能と、矩形編集を使って、簡単に作ることができました。


3.Grep and Replace 【ファイルの検索・一括置換】

 検索結果ファイルの一覧と、ファイルの内容が、一つの画面の上下で参照できて、便利です。テキスト右端の折り返しは、Agenda.ini の WrapByte で指定します。
 画面を見て確認しながら選択的に置換作業ができます。置換したファイルの保存確認やバックアップファイル作成など、安全機能も装備しています。


 作者のホームページ
http://apps.tpot.tk/win:index

 ダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se205255.html
http://www.hkd.cside.com/oceansoft/soft/greprplc.htm

ダウンロードしたファイルを適当なフォルダに解凍します。

合わせて Agenda の下記ファイルも、同じフォルダに登録します。
Agenda.ini、FindWord.dat、FindFile.dat、FindFolder.dat

 上の画面サンプルの、R3 (greprplc3.lzh) は、「このリストのファイルを一括置換」とすると、アラート無しで、一気に高速に置換してくれます。また、検索設定で、「バイナリは対象外」のチェックを外しておくと、97未満のバージョンのワードや Excel(文字コードはS-JIS) の全文検索もできます。


4.MiGrep

 強力な文字列検索ソフトです。

 作者のホームページ
http://homepage3.nifty.com/m-and-i/

 「MiGrep」の特長
@.エクスプローラで、検索したいフォルダを指定して、ここで右クリックすると表示されるコンテキストメニューから「MiGrep」を起動させて、全ファイルを全文検索することができます。

A.圧縮ファイル(書庫ファイル)内も検索できます。
(例えば、島崎藤村の「夜明け前」は、青空文庫では、次の4つの圧縮ファイルになっています。
 1504_ruby_6153.zip (216KB)*
 1505_ruby_1916.zip (201KB)
 1506_ruby_1919.zip (192KB)*
 1507_ruby_1882.zip (229KB)
この中で、「御幣餅」という言葉が、何回使われているか、瞬時に検索してくれます。
→答え:9行(10カ所)
grepは、行単位で一致を表示します。一行(改行までのテキスト)内で検索キーワードが2カ所で一致しても、grepの出力結果は "1行" です。
ちなみに、青空文庫を画面で読む時は、WZ階層付きテキスト形式にして、VerticalEditor で見ると良いでしょう。)

B.検索結果の、キーワードの含まれている行数や、当該部分の簡易表示(検索画面下段ペインのプレビューと、別画面の内蔵ビュア)ができます。
 内蔵ビュアは、TEditorコンポーネントを使っており、色付け表示ができ、ファイルがSHIFT-JISコードの場合には編集・上書き保存までできる、すぐれものです。


「テキストエディタさくら」に検索行と桁を渡す設定  もちろん、自分の「お気に入り」のエディタで開くように設定することもできます。
 さくらエディタの場合は、右の様に登録すると、検索行の該当桁にカーソルが移動した状態で、エディタが開きます。

CUnicode を扱えます。
 バージョン97以降の Excel や MS-Word は、文字を Unicode で保存します。MiGrep で「オプション」→「設定」をしておけば、検索したいフォルダのエクスプローラの右クリック(シェル拡張)から、Excel や MS-Word の一括全文検索ができるようになるのです。

 Excel や MS-Word の指定は、ファイルマスクではなく、「オプション」→「設定」の該当部分のチェックで指示します。


注:シェル(shell) とは、ファイルのオープンやコピー/削除、プログラムの起動など、OS がユーザーに提供するユーザーインターフェイスを実現するソフトウェアモジュールを言う。OS のカーネル(中核になる部分)を覆い隠すということから来ている。
D検索結果のファイル名やパスを簡単に取得できます。

Google Desktop Search

 上で紹介のソフトが、都度全文検索するのに対して、Google Desktop Search は、事前に索引ファイルを作る方式なので、高速に検索できます。
 ファイルが何処に行ったか分からない場合に、探すのに最適です。

 ただし、検索結果は、「関連性の高い順」か「日付順」にしか並び替えできません。
 検索対象フォルダを絞れないので、検索結果が大量にヒットしたとき、結局ファイルを特定できない場合が多々あり、私は、MSNデスクトップ・サーチに乗り換えました。

 パソコンのハード・ディスク装置内に保存してある、Outlook・Outlook Expressの電子メール、Microsoft Word/Excel/PowerPointの文書ファイル、PDF、マルチメディア・ファイル、テキスト・ファイル、Internet ExplorerのWebページ閲覧履歴、インスタント・メッセージング・アプリケーションAOL InstantMessengerで行ったチャット記録が検索できます。
 検索対象のファイル形式は、「詳細」→「設定」の「検索するアイテム」で指定します。

 使い方とダウンロード
http://desktop.google.co.jp/ja/screenshots.html
http://desktop.google.com/ja/screenshots.html

 プラグインで、対象ファイルを拡張できます。
http://desktop.google.com/plugins.html

 対応OSは、Win2000 と XP です。
 インストールするには、1 ギガバイト (GB) のハード ドライブの空き容量が必要で、デスクトップ検索の個人のインデックスを作成するには、さらに 4 GB 以上の空き容量が必要です。

 PCが使われていない時間を利用して、自動的にファイル情報の索引を作成します。ファイルを監視して常時索引を更新します。
 私の場合は、初回導入したとき、1週間ほどかかって索引の初期設定を終了しました。パソコンの電源を入れて、使わないで放置しておけば、索引は、80%程度のレベルまでは、1日ででき上がるでしょう。
 エクスプローラで検索してみると、下記が索引ファイルのようです。
C:\Documents and Settings\ユーザID\Local Settings\Application Data\Google\Google Desktop Search\rpm.cf1

 ファイルを該当アプリで編集することを繰り返さないと、索引は、全てのファイルを網羅したものにはならないようです。

 注:自分のパソコンをサーバとして使うため、インターネットに接続していなくても、「接続」を選択します。Google Desktop Search の URL http://127.0.0.1 は、パソコンの内部に閉じたループバック・アドレスなので、自分でここに接続するだけなら、外部にパケットは流れません。


MSN デスクトップ サーチ

 「MSN サーチ ツールバー with Windows デスクトップ サーチ」を使ってみましたが、Google Desktop Search より優れているので、こちらに乗り換えました。

 ダウンロード
http://desktop.msn.co.jp/
http://www.microsoft.com/windows/products/winfamily/desktopsearch/getitnow.mspx

 パソコンのハードディスクに蓄えられているファイルから、キーワードで、瞬時に該当ファイルを探し出してくれます。

 バージョン 2.5 だと、パソコンのシャットダウン時に、固まることがあります。Windows Desktop Search 2.6.6 に更新すると、改善されます。

 複合語を検索する場合は、ダブルクオーテーションで囲みます。例:"中国"

 検索結果は、フォルダ欄をクリックして、同じフォルダで分類すると、探しやすいです。(Google Desktop Search はこれができない。検索結果が2,000件も羅列されたら、見つけたことにならないですからね。)

注:インストール時は、索引の作成に2〜3日かかります。一旦インデックスを作成すると、新規更新を追加するだけなので、時間はかかりません。
 索引は、パソコンのアイドル時間に自動作成されるため、パソコンのCPUの負担にはなりません。
 MSN デスクトップ サーチを導入すると、パソコンの終了時に、「プログラムの終了 #gen_windows# インデックス このプログラムは応答していません。」とアラートが表示されることが有ります。「すぐに終了」で問題無いようです。

 作成された索引の件数は、私の場合、これを書いている時点で、下のサイズです。それなりのハードディスクのスペースは必要です。
 LX50H:30万件、900MB
 参考:グーグル、900MB
 検索対象は、タスクバーの通知領域をマウスクリックして表示される「オプション」で指定します。
 ネットワークドライブも、検索対象に追加できます。
「オプション」→「デスクトップサーチ」→「カスタム フォルダと電子メールの格納場所」のラジオ・ボタンを選択して、右の「参照」ボタンを押すと、ドライブ一覧が表示されるので、その中から必要なフォルダにチェックを入れます。
「カスタム フォルダと電子メールの格納場所」を選択

 デスクトップサーチを導入すると、エクスプローラの「検索」メニューが、デスクトップ・サーチに変わってしまいます。
 ファイル検索が「デスクトップサーチ」になっていたら、「オプションで、このディレクトリを・・」を押します。
オプションを押す
 「オプション」の「全般」の「エクスプローラの検索の設定」で、「デスクトップサーチの代わりに検索コンパニオンを使用する」にチェックを入れると、エクスプローラの検索が復活します。
デスクトップサーチの代わりに検索コンパニオンを使用する

 デスクトップ・サーチの「オプション」で、上の設定画面が表示されない場合は、レジストリ・エディタを使って、デフォルトの設定を変更します。
 この方法は、「パソコンFAQ Windows のトラブル・疑問を解決!」で教えていただきました。
http://pasofaq.jp/windows/startmenu/showstartsearchband.htm

スタートメニューの「ファイル名を指定して実行」をクリックします。
「regedit」と入力して [OK] をクリックします。
レジストリ エディタで下記のキーを捜します。
  HKEY_CURRENT_USER
    Software
      Microsoft
        Windows Desktop Search
          DS
画面右側の「ShowStartSearchBand」をダブルクリックします。
値のデータを「0」にして [OK] をクリックします。

通常検索はこちらが便利 設定を変更する
 通常の検索には、右の「検索コンパニオン」の画面の方が、コンパクトで、選択指定が容易だと思います。
 「検索コンパニオン」で、検索ファイルを指定する窓が表示されないときは、「設定を変更する」を選択します。
 
この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


Excelブックの串刺し検索

 Excelのファイルを開いているとき、その中から探したいキーワードが、どのブックの、どのシートの、どのセルにあるか、検索したい場合が有ります。
一つのブック内を検索する場合は、検索オプションを使う
 Excelの、「検索オプション」を使うと、一つのファイルに対しては、ブック内のシートを串刺しして文字列検索できます。

 下のアドインをインストールすると、複数のブックを開いているとき、これらのブックのシートを串刺しして文字列検索して、該当するセルへのリンク一覧を作ってくれます。

Elie_FindStringsInExcelBooks

 複数のExcelファイルから、串刺しで文字列検索できます。
また、Excelの標準の検索では検索できない、テキストボックスの中の文字列からも検索できる場合があります。

 取扱説明とダウンロード
http://www.geocities.jp/elie_world/available_software/elie_findstrings_ver1_0_0/

 Elie_World 無料ソフト
http://www.geocities.jp/elie_world/available_software/

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


エクスプローラを2つ起動するソフト

 ファイルのコピーや移動をするとき、エクスプローラを2画面立ち上げて作業すると便利です。ところが、画面が重なったりするので、画面の大きさを調整したりしなければなりません。
 下記ソフトを使うと、エクスプローラが2画面並んで立ち上がってきます。

1.ExpMan(エクスプローラ・マネジャー)

 作者のホームページ
http://www.wind-craft.net/page/soft/contents/expman/expman.htm
 Vector
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se028537.html

 エクスプローラは Win95・98・Me・2K・XP・Vista・7 などの中心ツールですが、次のような経験はありませんか?
・転送先のフォルダ(ディレクトリ)に何があるのか確認したい場合、そこを広げるとまた転送元に戻る必要がある。(スクロールバーで上まで辿る必要がある。)
・異なる2つのフォルダ(ディレクトリ)のファイル一覧が一度に見えないのでファイルの過不足の確認が煩わしい。
・かといって2つ広げると重なったり、移動時に煩わしい。

 本ソフトはエクスプローラ(など)を2つ起動しそれを(MDIライクに)整列させるツールソフトです。

MDI:Multiple Document Interface
 1つのアプリケーションのウィンドウ内部で、複数のドキュメントウィンドウを開くためのインターフェイス技術(←→SDI(Single Document Interface))。

 「」のボタンで、2つ並べたエクスプローラを、横並び(概略を比較するのに適)と縦的並び(詳細を見るのに適)を瞬時に切替えられる点がとても便利です。
 以前、ウイルスバスタ2000と相性の問題が有りましたが、Ver0.98で修正いただいたので、現在は快適に起動します。


この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


2.Windows Double Explorer

Switch Explorer ボタン  Windows7 専用です。
 Switch Explorer ボタン一つで、上下、もしくは左右の内容を逆にできる点が、便利です。

 ダウンロード:
http://wde.codeplex.com/

 
この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


3.TileExplorer

実行するとエクスプローラを並べます。
 Tileexp.exe自体は常駐はしないで、起動するとすぐに終了するので安心です。
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se050099.html
起動のショートカットを、
C:\登録フォルダ\TileExplorer\Tileexp.exe -x -z
としておくと、エクスプローラを横に2つ並べます。

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


ファイル名の変更ソフト

Flexible Renamer

ファイル名フォルダ名の一括変更一部変更ソフトです。
正規表現を使える点が特長です。
ピリオド(.)をアンダーバー(_)に変更する場合は、正規表現を選択して、変更前 \. 変更後 _ とします。
単純な文字置換だと、.com のピリオドを変更できません。

 作者のホームページ
http://hp.vector.co.jp/authors/VA014830/
 アプリの紹介
http://hp.vector.co.jp/authors/VA014830/FlexRena/
 ダウンロード
http://www.vector.co.jp/download/file/winnt/util/fh542823.html


k本的に無料ソフト・フリーソフトでの紹介
http://www.gigafree.net/utility/rename/flexiblerenamer.html


@rem

 エクスプローラの右クリックのコンテキストメニューより、選択したフォルダですばやく起動できます。
 分かりやすく使いやすいので、私は頻繁にこれを利用しています。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se170679.html

 上のホームページが消滅しているようなので、atrem101.exe(495KB 506,439)をここに置きます。

Namery

 上記の「@rem」は、
  1.txt、2.txt
  を
  1test.txt、2test.txt
と変更できますが、
  test1.txt、test2.txt
とは変更できません。Namery と、次の項の Frename は、この変更もできます。日付けの変更もできます。

項目名をクリックてると並び替えができます  解説:
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/071030/n0710303.html
http://www.forest.impress.co.jp/article/2002/05/30/namery.html

 作者のホームページ:
http://www.remus.dti.ne.jp/~kuwa/(name463.zip)

 Namery は、直感的なインターフェースの、とても見通しのよいソフトウェアです。初心者でも簡単に扱うことができるでしょう。
 基本的な処理の流れは
@ファイルの変更方法を選ぶ。
右側に設置された「リネーム設定ウィンドウ」から、変更するモードを選びます。
A変更後ファイル名の項目をプレビューチェック。
変更後ファイル名が自分の思ったとおりのモノになっているかを確認できるので安心です。
BGo Namery! ボタンを押す。
 これだけです。

 エクスプローラからも右クリックで起動ができます。

フォルダ関連付け注:これには、オプションの「システム設定」で、関連付けをしておきます。
このとき、フォルダ関連付けが、エラーになる場合があります。
これは、ユーザーアカウント制御(UAC)が働いているからです。
この場合は、Namery を起動させるときに、右クリックして「管理者として実行」とすれば、フォルダ関連付けを有効にできるようになります。


 Namery は、ファイル名・フォルダ名・フルパスをクリップボードにコピーする機能 (これを使うためだけでも、インストールの値打ち有り) や、JPG/BMPのプレビューまで付いています。

 中央のペインには、ファイルの属性項目が表示されます。ここで、項目名をマウス右クリックすると並べ替えができます。
 ファイルの拡張子で、ファイル・リストを表示した後、この並び替えを使うと、対象を選択するときに、選択しやすくなります。
 上の画面の例は、png ファイルを指定して、「更新日時」の新しい順に並べて、ファイル名が大文字になっているファイルを、選択している例です。

 注:「Main」タブの「Suffix」は、ファイル名の「.(ピリオド)」の左に付きます。ファイル名の最後尾に追加したい場合は、「Sub」タブの「拡張子を追加」を使います。
 Win95でも問題無く動きます。
 
この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る

ファイル名連続変更〜Frename

 作者のホームページ:
http://hp.vector.co.jp/authors/VA004030/
 ツインファイラー風の構成で、使いやすくなっています。
 『連番/元名/大小文字/文字置換/範囲置換/挿入/書式/ファイル から』といった様々な方法でファイル名を変更し、日付け(タイムスタンプ)や属性の統一も同時に行うことができます。それが、変換結果のイメージを前もって確認した上で「Go!」できることが安心です。
 「環境設定」で「起動動作」を「前回終了値」としておくと、自分の設定で立ち上がります。

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


ファイルの結合/分割ソフト


Join Man Mini

 複数のテキスト・ファイルを結合して、1つのファイルにするツールです。
 毎日吐き出されるログ・ファイルを、1カ月分まとめて、Excelで集計処理するときに使っています。30個のファイルを、瞬時にひとつにまとめてくれる、明快で使いやすいソフトです。

 ダウンロード
http://hp.vector.co.jp/authors/VA030203/

 注:結合するファイルに、ファイル・サイズが 0 のファイルがあるとエラーになります。前もって、サイズ 0 のファイルは、結合対象に入れないようにします。

 ホームページが消えているようなので、ここ jmm14.lzh(20KB) に添付します。
説明に「配布は自由です」と有りました。


Div

 大きいサイズのファイルを、ファイルサイズを指定して分割します。
 行数の大きい、テキストファイルを、ファイルの行数を指定して、分割できます。

注意:圧縮フォルダに置いたファイルは、処理できません。非圧縮の通常フォルダで、処理します。

 ダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se088352.html
 使い方
http://www.wisesips.com/manual/index.php?%A5%C6%A5%AD%A5%B9%A5%C8%A5%D5%A5%A1%A5%A4%A5%EB%CA%AC%B3%E4%A5%BD%A5%D5%A5%C8%20Div


WinMend File Splitter

 ファイルを、分割数(ブロック数)を指定して、またはファイル・サイズ(ブロックサイズ)を指定して分割できます。
 分割時に、分割されたファイルを再結合するための bat ファイルが、同時に生成されます。 この bat ファイルを使えば、分割ファイルをもらった人は、本体プログラムなしで、結合できます。

 動画などの巨大ファイルを、インターネットで誰かに送ろうとすると、長時間かかって、途中でファイルが欠損することがあります。
 こんな場合に、ファイルを分割して送信して MD5 でチェックして、欠損したファイルだけを送信すれば、簡単に巨大ファイルをネット送信できます。

http://freesoftdownload.1-yo.com/utility/file-utility/winmend-file-splitter.html

日本語化ファイルを使うと、画面が日本語になります。
ファイルを分割しています
画面の右下隅の Language : English と表示されている English をクリックして、Select Language で、日本語を選択して、OK ボタンをクリックすると、日本語表示になります。

http://freesoft-100.com/review/winmend-file-splitter.html


この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


ファイル拡張子とアプリケーションの関連付けを変更

 Windows XP までは、ファイルの拡張子に対して、開いたり(Open)、編集したり(Edit)、印刷したり(Print)するアプリを、OS の設定で、選択・指定できました。
 例えば、スクリプト言語を書いたり、ホームページを作成する人などは、ソースの拡張子に対して、処理目的毎に、起動させるアプリを設定したいものです。
 しかし、Windows 8 になって、関連付けできるアプリは、一つしか設定できなくなってしまいました。

 拡張子で開くアプリを変更する
http://www.atmarkit.co.jp/ait/articles/1303/29/news102.html

 Windows 7にてファイルの関連づけを編集したい
http://answers.microsoft.com/ja-jp/windows/forum/windows_7-windows_programs/windows/9a9cda6a-2792-40c1-8e16-4bf289381029

 そこで登場するのが、下のアプリです。

FileTypesMan

http://www.nirsoft.net/utils/file_types_manager.html

 ITpro の紹介
注目のフリーソフト/シェアウエア
 ファイルの関連付けを簡単に管理できる「FileTypesMan」
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20090615/331923/

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


ファイルの拡張子を判定

 ファイルの拡張子が、不明な場合や間違っている場合に、ファイル内容から拡張子を設定してくれるアプリです。

 私は、知人から「iPhone が壊れて、撮影した写真や動画が見られなくなった。」という相談を受けました。
聞くところによると、「iTunes でパソコンに接続したことがある」とのことなので、パソコンを見たら、以下の iTunes のバックアップのデフォルトフォルダ にファイルが残っていました。
C: \Users\ユーザ名\AppData\Roaming\Apple Computer\MobileSync\Backup\e8607286f817d6445f44f68ae51e77df6059633d\

 ところが、このフォルダに登録されているファイル名は「3b9ac8a642fac3c106dd5954150b030fd23e7f35」などのように、拡張子が付いていません。
 そこで使ったのが、ここで紹介するアプリです。

 知人が「iPhone」で撮影した写真や動画は、無事パソコンで見られるようになりました。

 なお、写真や動画以外の、特定の管理ファイルについては、「バックアップ ファイル名」と「本来のファイル名」の関係は、下記のようになっています。
 「iPhone Backup Extractor」iPhone バックアップの復元に関するヘルプとサポート
http://www.iphonebackupextractor.com/jp/help-howto-and-support/

上の記事によると、iTunes は、16進数でエンコードされた SHA-1 ハッシュ値付きでバックアップファイルを保管しているようです。これを復号できれば、正しいファイル名にできるのですが。

 iPhone Backup Extractor の使い方
http://gigazine.net/news/20110604_iphone_backup_extractor/
「iPhone Backup Extractor」は、有料ユーザー登録を行わない状態では「Free edition」となり、一度に2つずつしかファイルを取り出せません。

 参考:iPhoneのデータ復元
http://d.hatena.ne.jp/mr_g/20120102/p1


WinExChage

 極窓 の拡張子判別変換だけの機能を搭載した簡易版です。

 作者のホームページ
http://www.55555.to/
作者のホームページからダウンロードできます。

 インストール時の注意と使い方
http://triton.casey.jp/portable/winexchange/
http://mikasaphp.net/winexchange.html

極窓

 極窓は、偽装ファイルの拡張子判別と拡張子変更を行うツールです。
1400種類以上の拡張子に対応した拡張子判別変換機能を搭載しています。

 作者のホームページ
http://www.55555.to/
 窓の杜の紹介
http://www.forest.impress.co.jp/article/1999/10/19/ultimatewin.html

 ダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se085018.html
私がダウンロードしたファイル名:gm_2661.exe

 極窓の使い方
http://daredemopc.blog51.fc2.com/blog-entry-892.html
http://pcgenki.com/soft3/gokumado2.htm

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


HTMLヘルプ作成とデコンパイル

 ソフトのヘルプファイルとして使われる chm を作ったり、誰かが作った chm を逆コンパイルして、ソースに分解するソフトを紹介します。

HTML Help Workshop

 ホームページの html ファイルを、簡単に「HTMLヘルプ (拡張子 chm)」にできます。

 「HTMLヘルプ (chm)」にすると、下記の良いことがあります。
  1. ファイルが1つになり、ファイルサイズも圧縮されるので、取り扱いが簡単になる。
  2. 全文検索できるようになる。←これがすごい!
 「HTML Help Workshop」は、Microsoft が無料で提供するツールです。
 ダウンロード:
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms669985

 日本語化パッチ:
http://www.nihongoka.com/jpatch_dairi/htmlhelpworkshop

 使い方
Access Study | Vol.3 HTML Help Workshop入門
http://www.tsware.jp/study/indexv3.htm
http://www5.ocn.ne.jp/~t-hiro/hhelp00.htm

HTML Help の作り方
http://cat2.edu.kagoshima-u.ac.jp/Text/public/IT/HTMLHelp/

http://itref.fc2web.com/windows/hhw/

http://naha.cool.ne.jp/umajou/howtomake/createhelp.htm

http://netail.net/documents/htmlhelp/

 使い方は、石田さんの「HTML Helpの概要と作成方法」が詳しいですが、なくなっています。
http://www.keiyu.com/
インターネット保管庫で参照下さい。

 石田さんのホームページでは、chm で MIDI を鳴らすためのサンプル・コードなど、chm の全てが、紹介されています。

 注1:htm helpでは、「フォントサイズの変更ボタン」を付けることができます。
http://yuichi.tea-nifty.com/blog/2009/05/chm-7eba.html
 しかし、不幸にして、フォント・サイズのボタンの無い help ファイルの場合でも、画面をマウス左クリックして、アクティブにしておいて、[Ctrl]を押しながら、マウスのホイールを操作すると、文字サイズを変えて見やすくできます。

 注2:マイクロソフトのリンク先に有る、「Hhupd.exe」はダウンロードしないほうが良いでしょう。不用意にインストールすると、chm を使えなくなる可能性があります。(^^;;
 ちなみに、chm は、HHCTRL.OCX を使って呼び出されるようになっています。

 ダウンロードツールでダウンロードしたデータ、も chm にコンパイルすると、便利かもしれません。

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


KeyTools

 HTML Help を逆コンパイル(chm を、html に分解)します。
 プロジェクトファイル(.hhp)も、復元できます。

http://www.keyworks.net/keytools.htm
KeyToolsSetup.exe
MD5:9c666336a516b89f9605d7c331654d9b
http://www.isthisfilesafe.com/filenames.aspx?char=K&page=13

 使い方
http://naha.cool.ne.jp/umajou/howtomake/decompile.htm
WindowsヘルプからHTMLヘルプに変換

WindowsヘルプからHTMLヘルプへの移行方法は、下記を参照下さい。

へたれ屋 さんの、へたれWindows開発者のおぼえがき
2009年6月1日月曜日.hlpファイルを展開してソースを入手
http://hetare-ya.blogspot.com/2009/06/hlp.html

カテゴリ:開発日記覚え書
http://blog.livedoor.jp/osadasoft/archives/50873918.html

WinHelp を、Universal Extractor を使って、デコンパイルすると、WinHelpプロジェクトファイル(.hpj) と、リッチテキスト・ファイル(.rtf)ができます。これを指定するだけで、簡単に chm ができました。
 

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


削除してしまったファイルを、復元・復活

 先日、インターネットからダウンロードした動画ファイルを整理していて、誤って、「ファイル」を指定するつもりが、「フォルダ」を指定した状態で、「完全に削除(Shift + Delete)」してしまいました。
 せっかく収集した、「お宝映像」が、一気に消失!
 そこで、下記のソフトを使って、復旧させました。データを上書きする前だったので、100% 救済することができました。

 ファイルを削除すると、ファイルの属性情報として、「削除」のマークが付きます。そして、空き地として、次にデータを保存するときに使われます。
 この手のツールは、ファイルの「削除」属性を見つけて、その属性を戻します。
 このため、新しいデータが上書きされてしまうと、復元できません。
 削除に気がついたら、即、対処しましょう。

注:復元するファイルの保存先フォルダは、削除したファイルが有ったフォルダとは「別のフォルダ」を指定することに、注意して下さい。

参考:データの完全な消し方

DataRecovery

 ごみ箱から削除したファイルを復元できるソフトです。

 ダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/util/se382922.html

 窓の杜の紹介
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/10/27/datarecovery.html

DataRecoveryを使ったファイルの復元方法
http://fromthree.ddo.jp/fromthree/PcRescue/FileRecovery/DataRecovery/DataRecovery.html


復元

「互換性」タブで、「管理者としてこのプログラムを実行する」にチェックを入れる復元 rest****.exe」2007-05-30 フリーウェア版(シェアウェア以前の最終Ver)のReadMeには、営利目的でなければ配布自由、と書かれています。

 使い方:
 「復元」を起動させるショート・カットは、「互換性」タブで、「管理者としてこのプログラムを実行する」に、チェックを入れます。そうしないと、ハードディスクを参照できません。
http://himuka.miyazaki-c.ed.jp/db/kyouzai/manual/hukugen_manual/hukugen_manual.pdf
http://www.vector.co.jp/soft/cmt/win95/util/se410717.html
http://www.forest.impress.co.jp/article/2006/10/03/restore.html

 注:フリーの旧版をダウンロードできるサイトを、参考までにリンクします。
RESTO428.EXE
http://iku-koba.web.infoseek.co.jp/cgi-bin/download/index.cgi
NameMD5Bytes
resto428.exeFCEC8005937841E185D059CE915CFD9E246,718
2004/02/081 Files246,718 Bytes
RESTO428.exe2ECDEB8C4325EE96ED71E168FEF60C91223,047
2005/01/121 Files223,047 Bytes


かんたんファイル復活

http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se475491.html

 Vectorの紹介
http://www.vector.co.jp/magazine/softnews/090512/n0905122.html

 窓の杜の紹介
http://www.forest.impress.co.jp/article/2009/04/21/okiniiri.html

 教えて君:使い方
http://www.oshiete-kun.net/archives/2009/05/post_589.html

 かんたんファイル復活の使い方
http://soft.livedoor.biz/archives/1479507.html

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


ファイルの完全削除

 私は、必然性が無い?ので、使っていません。
 しかし、必要性を感じている人もいるでしょうから、ここで紹介します。

 ハードディスク上のファイルは、エクスプローラで「削除」しただけでは、その索引部分が消えるだけで、データ部分は、その時点では消えません。
 このため、「削除してしまったファイルを、復元・復活」ソフトを使うと、削除したファイルも復活できる可能性が有ります。

 下記を使えば、データ部分も「完全削除(HDDホワイトニング)」できます。

 参考:
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;JA;315672
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/1294dskclean/dskclean.html

Eraser

 窓の杜の紹介
http://www.forest.impress.co.jp/article/2007/01/12/eraser.html

 「k本的に無料ソフト・フリーソフト」の紹介
http://www.gigafree.net/utility/delete/eraser.html

 削除済みファイルを抹消したい時には、「ドライブ内の未使用領域を完全に削除する機能」を使います。

 「Edit」→「Preference」→「General」で、「Shell extension」の「Add menu item to Explorer...」にチェックを入れると、エクスプローラの右クリックメニューに「Erase」という項目が追加されます。
 こうしておくと、エクスプローラから、ファイルやフォルダを完全に削除できるようになります。

 フリーのデータ抹消ツール
http://www.cybernetic-survival.net/shredder.htm#Eraser

 ダウンロード
http://www.heidi.ie/eraser/

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


NTFS のアクセス権限を変更 NTFS Permissions Tools

フォルダ属性を変更 NTFS Permissions Tools は、ファイルやフォルダの “ アクセス許可 ” を変更設定できるツールです。
アクセスが禁止されていて、開いたり削除したりできないファイルやフォルダを、取扱えるようにすることができます。

右の画面は、フォルダを選択して、上のボタンを使って、属性を「Read Only」から「Allowed」に変更したところです。

私は、Windows Update がうまく行かなかったときに「83966f3b7beec4607ad94b92」というような名前のフォルダが C ドライブにいくつかできて、削除しようと思っても、権限が無いと言われて削除できないので困っていました。
このツールを使ってアクセス権限を変更したところ、気持ちの悪いフォルダをさっぱり削除することができました。

 窓の杜の紹介
http://www.forest.impress.co.jp/docs/review/20160112_738528.html

 使い方の解説
http://www.gigafree.net/security/Permissions/NTFSPermissionsTools.html
 私は、このアプリの存在を k本的に無料ソフト・フリーソフト で教えていただきました。感謝いたします。

 32bit 版のOS を使用している場合は「NPT86.exe」を、64bit 版のOS を使用している場合は「NPT64.exe」を実行します。

注意1:This folder,subfolders and files (このフォルダ、サブフォルダ、およびファイル)を指定しても、深いサブフォルダで、権限設定できていないファイルがありました。
この場合は、直上のサブフォルダを対象にして再度権限変更をしたところ、変更できました。

注意2:Allowed - 許可済 にしても、削除できないファイルがありました。
「Advanced」の画面でよく見ると、私の所属するユーザに、Denied - 拒否 も設定されていました。
「Advanced」画面で、この Denied の行を選択して、右から2つめのボタンで「アクセス許可設定を削除」したところ、ファイル削除できるようになりました。

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


海外ソフトで日本語を表示させるツール


Emigrant32

 海外のソフトで日本語を表示しようとしても、文字化けするという事があります。これを解決するためのユーティリティーソフトです。「ファイル操作」とは別のジャンルですが、上で海外ソフト WINZIP を紹介したついでに、ここに書きます。
 たとえば、WinZipでは、解凍先のフォルダ名が日本語だと、文字化けしたり表示されなかったりします。そんな時、このソフトを走らせると、漢字のフォルダ名もキチンと表示されます。Win2000でも問題無く動きます。(追記:WinZip8.1 は完全日本語対応しているので、Emigrant32 が無くても、日本語名のフォルダが、文字化け無く表示されます。)
 解説
http://www.vector.co.jp/vpack/browse/pickup/pw0/pw000113.html
 ダウンロード
http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se050644.html


この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


Message Digest 5 と SHA-256

 ファイル情報の MD5 とは、ファイルの同一性(完全性:Integrity)を確認するためのコード「Message Digest 5」ハッシュ(Hash)のことです。
 詳しくは、下のサイトを参照下さい。
http://harmony.ing.co.jp/spc/download/whatsmd5.php
 このサイトでは、MD5を表示したり、ダイジェスト・ハッシュ・データを作成できるソフト「WinMD5(Md5setup.exe)」の、無償ダウンロードもできます。

sha256  Explzh を既定でインストール(右画面)すると、エクスプローラでファイルを選択して右クリックすると、メニューから「SHA-256」を表示できるようになります。

 以下は、ハッシュ取得ソフトです。
http://www.blisstonia.com/software/WinMD5/
http://www.vector.co.jp/soft/dl/winnt/util/se297267.html
http://www.forest.impress.co.jp/article/2004/05/14/ellefileinfo.html

 ここで使われるのが、「ハッシュ関数(hash function)」と言われるもので、ドキュメントや数字などのデータの羅列から、一定長のデータに要約するための関数・手順のことです。
 入力データを関数にかけて出力する値を、「ハッシュ値」、または単に「ハッシュ」と呼びます。
 ハッシュ関数では、“MD5”と“SHA-1”が代表的で、いずれも1方向関数で、生成データから原文を推定することはできません。

 ハッシュ関数(Wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E9%96%A2%E6%95%B0

 MD5(Message Digest Algorithm 5) は、入力データがどんなサイズの文字列やデータやファイルであっても、常に128(4*32)ビットの固定長のハッシュ値を出力します。ハッシュ値は、普通16進数(4ビット)の文字列(英数32文字)で表現します。
 ただし、異なった文字列から同じハッシュ値が発生しないこと(衝突耐性・非衝突性)を保証するものでは有りません。
 2つのファイルが異なる事をチェックする目的なら、これで十分です。

 SHA-256(Secure Hash Algorithm 256-bit) は、256bit長のメッセージダイジェストを得るものです。
 16進数文字列で表記すると、64文字になります。
 MD5メッセージダイジェストと比べると、倍の長さの値を生成することができます。
 ハッシュ衝突の回避率はbitが1増えただけで2倍になるので、256bit長の SHA-256 ハッシュ値は、MD5 の 128bit長のハッシュ値より 2を128回掛けた分だけ、ハッシュ衝突の回避率が上がることなります。

 crc32 は、16進表記の長さ: 8文字のものです。
 crc32 は、32bitのハッシュが取れるのでInteger型と相性が良く、文字列を均等に数値へ振り分けたいときに便利で、計算も早いものです。しかし、セキュリティを期待する目的では使えません。

 ちなみに、この「ハッシュ」は、ハッシュド・ビーフ(hashed beef)のハッシュと、同じ単語です。
 ハッシュド・ビーフは、玉葱(たまねぎ)・牛肉などを細かく切って炒め、塩・胡椒で味をつけ、ブラウン・ソース(ホワイト・ソースではなく、小麦粉を炒った茶色のルウを使ったもの。デミグラスソースとも言う。)を入れて煮込み、ご飯の上にかけた洋風料理のことです。(なまってハヤシ・ライスともいいます)

 データを送受信するときに、経路の両端でデータのハッシュ値を求めて比較すれば、データが途中で改ざんされていないかどうかを調べることができます。1方向関数で生成しているので、ハッシュ値を変更しないで、元データを改ざんすることは困難なのです。

 ファイル交換ソフトなどを使って、素性のよく分からないところからファイルを受け取るときは、公開されている信頼できるハッシュ値を使って、確認することを推奨します。


HashMyFiles

 ファイルをドラッグ・アンド・ドロップするだけで、MD5、SHA-256 だけでなく、CRC32、SHA1、SHA2(SHA-256,SHA-512,SHA-384)など、各方式で計算されたハッシュ値を計算します。
 使わない項目を列削除して、見やすくできます。
 右クリックメニューに追加できます。計算した値をクリップボードにコピーして活用できます。

使い方と日本語化ファイル
https://blog.halpas.com/archives/6562#HashMyFiles-2

http://freesoft-100.com/review/hashmyfiles.html

http://www.gigafree.net/utility/hash/hashmyfiles.html

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る


iPhone iPad のファイルをパソコンに移動

 知人から、「iPhone のメモリが、撮影した写真で満杯になって、写真を撮影できなくなった」という相談を受けました。
 「iTunes は、コンピュータの認証で、Apple ID とパスワードの入力を求められるので、使いにくい」のだそうです。
 ググって見ると、i-FunBox というアプリが、エクスプローラと同様の操作感覚で使えることが分かりました。
 iTunes を介さずに PC⇔iPhone 間で、USB コードを使って、ファイル転送できるようになります。

i-FunBox

 i-FunBox は、パソコンに USB コードで接続した iPhone や iPad に、エクスプローラと同様な画面でアクセスして、ファイルやフォルダを操作できます。
 パソコンから、iPhone や iPad のフォルダを作成・削除もできるので、iPhone や iPad を、USBメモリのような、外部ストレージとして利用することもできるようになります。

 ダウンロード
http://dl.i-funbox.com/

 iFunbox Classic は、インストール操作をしなくても、例えば、USB メモリの iFunbox_Classic という名前のフォルダに解凍するだけで使えるので、私の推奨です。

注:
 iFunbox Classic は、iOSデバイスに接続するために、「Apple Mobile Device Service」を使います。
Apple Mobile Device Service は、iTunes をインストールした時に同時にインストールされる「iTunesMobileDevice.dll」の動作です。

このため、下記のエラーで接続できないときには、
Apple モバイルデバイス・ラインタイム・サポート読み込み中の問題検出
Apple モバイルデバイス・ランタイム・サポートの初期化に失敗。(エラーコード = 0xC0000002)

「iTunesMobileDevice.dll」の有無を確認します。
iTunesMobileDevice.dllの場所 :
C:\Program Files\Common Files\Apple\Mobile Device Support (※32bit Windowsの場合)
C:\Program Files (x86)\Common Files\Apple\Mobile Device Support (※64bit Windowsの場合)
もし「iTunesMobileDevice.dll」が見つからなければ、iTunes の最新バージョンをインストールしてみましょう。

 使い方
iTunesを使わないでiPhoneのデーターをPCに移行!! 音楽や写真も転送&バックアップできる [i-FunBox]
http://samulife.com/iPhone/backup-ifunbox
iPhoneのボイスメモ(長時間録音)を簡単にパソコンに転送する方法
http://tips4tablet.com/iphone-voice-memo/
脱獄不要でiPhoneやiPadのファイル・フォルダ内にアクセスできるソフト「i-FunBox」
http://antarespc.com/tool/i-funbox.html
iPhoneと僕
http://iphone4toboku.blog58.fc2.com/blog-entry-92.html

エクスプローラで操作できます  追記
iTunes がインストールされている=「iTunesMobileDevice.dll」がインストールされていれば、iPhone を USB でパソコンに接続すると、エクスプローラで見た時にドライブと同列に iPhone が表示されていました。
つまり、エクスプローラを使うだけで、iPhone で撮影した写真や動画を、簡単にパソコンに、フォルダコピーできました。(^^ゞ
 
この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る

端末間でファイル転送

 私が購入した YOGA Tablet 2 Pro に、初期導入済みソフトウェアとして「SHAREit」が入っていました。
 使ってみて、ファイル転送アプリとして便利だったので紹介します。

SHAREit

 SHAREit は、Lenovo 社が無償で提供している、ファイル転送アプリです。
 OSを選ばず(Android用はこちらで紹介)、WiFi Directを利用して、端末間で、画像や動画など、各種ファイルを受け渡しするアプリです。
 ネットに接続することなく、簡便・高速にファイルのやりとりができます。 転送速度は最大で Bluetooth の約40倍としています。
 動画など、大きなファイルサイズでも、パケット通信量を気にせずに転送できるので、仲間内で集まった際に、画像や動画を同報配信するのに使えます。

 注意:Windows / Android SHAREit の脆弱性
https://support.lenovo.com/jp/ja/product_security/len_4058

 ダウンロード
http://shareit.lenovo.com/
 ヘルプ
http://download.lenovo.com/ibmdl/pub/pc/pccbbs/thinkvantage_en/metroapps/SHAREit/Web/help/ja/SHAREitHelp.html

レノボ製「SHAREit」でiOS/Android/PC間での写真や音楽ファイルの送受信を試す
http://www.appscore.org/2014/11/ios-android-pc-shareit.html

まず、ファイルを受取る受信側の端末を「受信」状態にします。
そして送信側の端末で「送信」として、受信側の端末を指定した上で、
転送する対象ファイルを指定します。
転送するファイルを指定
送信側の端末で、ファイルの選択が終ったら、下の「次へ」を押して、転送を指示します。転送を指示
送信側の端末で、送信状況を確認できます。送信状況を確認
受信側の端末で、ファイルを確認します。受信確認
注意:Android タブレットの場合、受信したファイルが保存されるフォルダは、選択したアイコンによって変わります。
私は、アイコンを、茄子(なす)(中国語の発音で QieZi)にしたので、本体(内部ストレージ)の下記フォルダに保存されました。
QieZi\files

この種類の目次に戻る↑ トップページに戻る

ホームページのトップに戻る